Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼 上田利治 「阪急ブレーブズ」監督

昔々、兵庫県西宮市に2つのプロ野球球団がありました。
1つは今でも根強い人気球団「阪神タイガース」。
もう1は、プロフェッショナルの集まる常勝軍団「阪急ブレーブズ」。

ブレーブズ1

当時の関西球界の構図は、
人気があって実力のない、セリーグの阪神、
実力があって人気のない、パリーグの阪急、でした。
私はと言うと、
勿論個性あふれるプロ軍団「阪急ブレーブズ」ファンです。
何と言っても、歴代日本投手陣の中で1番好きなこの投手が居ることでした。

上田 山田

完投勝利をしたであろう、山田久志投手を迎える上田監督です。
”伝説の勇士たち”が揃っていただけではなく、
阪急には2人の名監督がいました。
1人は西本監督、もう1人が上田監督です。
上田監督は関西大学時代に阪神の村山実投手とバッテリーを組んでいましたが、
広島でのプロ選手時代はそれほど有名ではありませんでした。
しかし、名伯楽西本監督がその手腕を高く評価し、後継指名しました。
ほとんどの球団で有名選手が実績もなく監督になるという、
日本球界の弊害の中で画期的な登用でした。
その中で、上田監督は西本監督の遺産を引き継ぎ、
数々の実績を積み上げていきます。
監督就任2年目の1975年から、日本シリーズ3連覇を含むリーグ4連覇を果たしました。
押しも押されもせぬ名監督になったのです。

上田 広岡

私は、セリーグでは「ヤクルトスワローズ」のファンですが、
上の2人の監督の対決と、
この生涯最愛の2選手の対決にしびれました。

若松1山田2

上田監督、
わくわくする試合をたくさん見せて頂いてありがとうございました。
あなたのことも、阪急ブレーブズのことも忘れません。




スポンサーサイト

朝ドラに見るNHKの頑張り

朝ドラの「ひよっこ」なかなかおもしろい、頑張ってます。

ひよっこタイトル

神戸人としては、
前回の神戸を舞台にした「べっぴんさん」があまりに不作だったもので、
うらやましいったらありゃしない。

べっぴんさん

まず、タイトルバックがいい。感動ものです。
関西と東京ではこんなにスタッフの力量が違うのか、悔しい思いです。

ひよっこ オープン

脚本は、「べっぴんさん」では素人同然の未熟さが目立ちました。
一方「ひよっこ」は、「ちゅらさん」でおなじみの実力派岡田惠和さん。
脚本がいかに大切かを再認識させてくれました。
NHKよ、芸能界よ、脚本家養成に力を入れよ。
演出も黒崎博さんはなかなかいい。

そして、音楽。
「べっぴんさん」のミスチル桜井和寿と、
「ひよっこ」のサザン桑田佳祐ではやはり格が違う。
どうも、ミスター チルドレンはドラマの主題歌には合わない気がする。

ヒロインの女優は圧倒的に「ひよっこ」の勝ち。
実績とオーラが違い過ぎます。
脇役は、さすがにNHKだけあってどの朝ドラにもいい役者がそろっています。
しかし、「ひよっこ」にはこの役者が出てきて、私は打ちのめされました。

白石加代子白石2

今の日本で最高の女優、白石加代子さんです。
初めて「ひよっこ」出てきたシーンでも、
宮本信子さんが霞んでしまうほどの存在感でした。
白石加代子さんを見るだけでも、このドラマを見る価値あり。

今回のNHKドラマ班、頑張ってます。
NHK報道班よ。ドラマ班の爪の垢を煎じて飲め。
同じ会社にいながら、恥ずかしい仕事をするな。
「ひよっこ」に出てくるひたむきな少女たちに、
顔向けができる仕事をしろ。






偶然とは思えない、渡瀬恒彦さんのお別れの挨拶

渡瀬恒彦さん最後の出演作、
「そして誰もいなくなった」を見ました。
そして誰も 3

最も好きな俳優:渡瀬恒彦さんと、顔も見たくない俳優:津川雅彦さんを含め、
豪華配役陣でしたので、最後は脇役で終わるのかと思っていました。
アガサ・クリスティーの原作を読んだのは50年も前だし、大幅な脚色があるようなので、
殺人犯が誰かなど想像もできません。

願わくば、津川氏が犯人で主役にならないことを願いながら見ておりました。
すると、渡瀬恒彦さんが殺人犯であったことに驚き、この豪華配役陣の中で、
渡瀬さんが堂々たる主役であったことに思わず感激をしました。
やっぱり渡瀬恒彦は、私にとって現存の最高の映画俳優でした。

そして、ラストのこの一人芝居。
渡瀬 そして誰も 2

これは偶然などではありません。
プロデューサーが渡瀬さんの病状を知って遺作として企画したのか、
それとも、渡瀬さんの功績に対して神様が与えてくれた奇跡なのか、
私は胸一杯で最後のシーンに釘づけになりました。
渡瀬恒彦さん、ありがとうございました。

ただ、渡瀬さんがはにかみながら、
「俺の最後の役が、元判事なんかでいいのかな。」
そう言っているような気もします。






渡瀬恒彦さんを失った

ここ数日「森友学園疑惑」に目が離せませんが、
映画界にとって悲しい報が、突然入ってきました。
現存の男優の中で一番好きな、渡瀬恒彦さんが亡くなりました。

渡瀬 2

兄の渡哲也さんの映画界の重鎮扱いと違い、少し軽い扱いをされていましたが、
私にとっては、無頼の男を感じさせながら、はにかんだ笑顔が優しさも表す、
最も魅力的な存在感のある俳優でした。
非常に多くの作品に出演していますが、
私は極道ものだとか、オールスター大作は見ていません。
私の中で一番印象に残っているこれです。

セーラー服
渡瀬 1

そして、これです。

渡瀬 寅さん
渡瀬 3

渡瀬さんが醸し出すヤクザや流れ者の悲哀、演技以前の存在感に魅了されました。
特に「男はつらいよ」では、渥美清vs渡瀬恒彦という、
憧れの俳優同士の夢の共演が実現され、
恋敵である寅さんとの流れ者同士の会話シーンは、
名シーンとして今でも私の心に強く焼き付いています。

続く、この野村芳太郎の名作映画では、
大竹しのぶさんとのカラッとしたラストシーンが非常に印象的でした。

事件

こんな名優がTVの2時間サスペンスに出ているのが耐えられなくて、
十津川警部シリーズなどテレビのドラマは一切見ていません。
ホンモノのヤクザから、「最もヤクザらしい俳優」と言われ、
大原麗子さんと結婚するなどモテモテ男で、
芸能界で一番ケンカの強い男と恐れられた、
映画俳優 渡瀬恒彦。
今の時代にはなかなか見つからない骨太の男が、
また1人去って行きました。

合掌



米朝さんに会いに行ってきました

このポスターに惹かれて桂米朝さんに会いに行ってきました。

米朝ポスター

米朝さんは中国満州生まれで兵庫県姫路市育ちです。
この特別展は、縁の姫路にある兵庫県立歴史博物館で開かれました。
国宝姫路城の横を通って、

姫路城 2017 3

しばらく先に、歴史博物館があります。

姫路博物館 1

この2階が特別展の会場です。
そして、ここから先は、残念ながら撮影禁止です。

姫路博物館

天才にして好奇心が強くて努力家。
芸人と学者と教育者の3つの道を究めた達人。
戦後の芸能の世界に大きな足跡を残した米朝さんの、
80余年の人生物語は見るものを飽きさせません。
中学生時代にラジオ放送を録音し、
何度も何度も「地獄八景亡者の戯(たわむれ)」を聞いていた時代を思い出しながら、
米朝さんの世界でゆっくりさせてもらいました。

やっぱり私は、江戸落語より上方落語。
桂枝雀さん、桂春団治さんの落語が大好きです。
そして、桂米朝さんの落語がやっぱり一番です。
演目に登場する旦那の、優しい笑顔が忘れられません。




Appendix

プロフィール

日だまりのトラ猫      (加島 一正)

Author:日だまりのトラ猫 (加島 一正)
神戸の下町で20余年、ちっちゃな塾を営んでいます。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができる。そんな世の中にしたくて、こども達と学び会う今日この頃であります。
映画を見たり、珈琲を飲んだり、犬や猫を撫でること、それに商店街のぶらり歩きと、なにより食べることが大好きな、団塊世代のじいさんです。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。