Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウーマンラッシュアワーはおもしろい

録っておいた THE MANZAI を早速見てみた。
ウーマンラッシュアワーは、期待以上におもしろかった。
久しぶりに楽しく笑えた。
「コイツら、ナカナカやりよるなあ!」

ウーマンラッシュアワー1

早速、賛否両論の評価が湧き起こっております。
賞賛する人達は、「自分たちの気持ちを代弁してくれた。」と、
政治漫才の旗手として持ち上げ過ぎそうです。
非難する人達は、「お笑いに偏った思想を持ち込みやがって。」と、
怒りの矛先として炎上させそうです。

でも、目くじら立ててこの漫才の評価を考えなくてもいいのはないですか。
所詮お笑いですから、好き嫌いで反応すればいいのです。
村本氏(ウーマンラッシュアワー)も、
漫才で啓蒙してやろうななどと思っていないでしょう。
「言いたいことを思い切り言って、しかも笑わせてやろう。」
そう思っているお笑いの職人だと感じます。

ただ1つ言いたいことがあります。
彼らの漫才の中身を批判したいために、
彼らの漫才の力量を貶める人達がいます。
「下手なくせに、偉そうなこと言いやがって。」という非難です。
これは受け入れられません。

彼らの漫才は予想以上にしっかりしていました。
まだ若いですから未熟な面もありますが、
台本の構成も、言葉の選択も、しゃべりも、掛け合いの間も、
十分に賞賛できる漫才です。

私の一番好きな漫才コンビは、何と言ってもエンタツ・アチャコです。

エンタツ アチャコ

その他では、いとし・こいし、やすし・きよし、
現役では、阪神・巨人と中川家であり、
今回の THE MANZAI の中では、ノンスタイルです。
どちらかと言えば、言葉が明瞭なしゃべくり漫才です。
なので、本来はウーマンラッシュアワーのような、
早口の漫才は好きではありません。
でも、彼らのネタや持ち味からしたら、あのテンポが必要なのでしょう。
とにかく、私の好きな漫才コンビの中に、ウーマンラッシュアワーが入りました。

そしてもう1つ、村本氏が気に入った事があります。
それは彼がとんがった芸人だということです。
昔々、横山プリンというとんがった変な芸人がいました。

横山プリン

立命館大卒で横山ノックの弟子になり、やすしは兄弟子に当たります。
関西でハチャメチャな芸人ぶりを発揮して、非難と賞賛を浴び、
ついには芸人界の枠から飛び出して、消えてしまいました。
私はこの横山プリンのとんがりぶりが忘れられません。
それ以降、残念ながらとんがった芸人に出会っていません。

自分を非難する者に遠慮無く毒を吐きかけ、
自分を賞賛する者さえ冷たく突き放す村本氏に、
私が期待するとんがり芸人の片鱗を見ました。
安倍夫妻主催の園遊会にノコノコ出かける骨なし芸人の中で、
できれば長生きして毒を吐き続けてほしい。
そう願う、今日この頃です。

















スポンサーサイト

偶然とは思えない、渡瀬恒彦さんのお別れの挨拶

渡瀬恒彦さん最後の出演作、
「そして誰もいなくなった」を見ました。
そして誰も 3

最も好きな俳優:渡瀬恒彦さんと、顔も見たくない俳優:津川雅彦さんを含め、
豪華配役陣でしたので、最後は脇役で終わるのかと思っていました。
アガサ・クリスティーの原作を読んだのは50年も前だし、大幅な脚色があるようなので、
殺人犯が誰かなど想像もできません。

願わくば、津川氏が犯人で主役にならないことを願いながら見ておりました。
すると、渡瀬恒彦さんが殺人犯であったことに驚き、この豪華配役陣の中で、
渡瀬さんが堂々たる主役であったことに思わず感激をしました。
やっぱり渡瀬恒彦は、私にとって現存の最高の映画俳優でした。

そして、ラストのこの一人芝居。
渡瀬 そして誰も 2

これは偶然などではありません。
プロデューサーが渡瀬さんの病状を知って遺作として企画したのか、
それとも、渡瀬さんの功績に対して神様が与えてくれた奇跡なのか、
私は胸一杯で最後のシーンに釘づけになりました。
渡瀬恒彦さん、ありがとうございました。

ただ、渡瀬さんがはにかみながら、
「俺の最後の役が、元判事なんかでいいのかな。」
そう言っているような気もします。






米朝さんに会いに行ってきました

このポスターに惹かれて桂米朝さんに会いに行ってきました。

米朝ポスター

米朝さんは中国満州生まれで兵庫県姫路市育ちです。
この特別展は、縁の姫路にある兵庫県立歴史博物館で開かれました。
国宝姫路城の横を通って、

姫路城 2017 3

しばらく先に、歴史博物館があります。

姫路博物館 1

この2階が特別展の会場です。
そして、ここから先は、残念ながら撮影禁止です。

姫路博物館

天才にして好奇心が強くて努力家。
芸人と学者と教育者の3つの道を究めた達人。
戦後の芸能の世界に大きな足跡を残した米朝さんの、
80余年の人生物語は見るものを飽きさせません。
中学生時代にラジオ放送を録音し、
何度も何度も「地獄八景亡者の戯(たわむれ)」を聞いていた時代を思い出しながら、
米朝さんの世界でゆっくりさせてもらいました。

やっぱり私は、江戸落語より上方落語。
桂枝雀さん、桂春団治さんの落語が大好きです。
そして、桂米朝さんの落語がやっぱり一番です。
演目に登場する旦那の、優しい笑顔が忘れられません。




原発避難の小学生への「150万円おごれ!」はイジメどころではない

去年起きた事件です。
原発事故で横浜市に自主避難してきた男子生徒が、転校してきた小学校でいじめを受けていました。
同校の小学生に、遊ぶ金としておよそ150万円を払わされていたという事件でした。

これについて、1月20日横浜市教育委員会の岡田優子教育長は、
市議会のこども青少年・教育委員会でこう述べました。
「関わったとされる子どもたちが『おごってもらった。』と言っていることなどから、
 いじめという結論を導くのは 疑問 がある。」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170120/k10010847081000.html

ビックリしました。
この横浜市の教育界のトップにいるらしき人物は、
150万円払わされたこどもを守らないし、
150万円払わせたこども達も諭さないらしい。
「こんなん、たいした問題とちゃうやん。そやけど、お金だけは返しときや。」
と、あっさり幕引きです。
こんな無責任な大人達に教育されるこども達がかわいそうです。

確かに、教育長さんのおっしゃる通り、これはイジメではありません。
イジメなどという生易しいものではありません。
これは恐喝という、れっきとした「犯罪」です。
この教育長は無能で職務怠慢です。

これは、夜回り先生から聞いて同感したうる覚えの説ですが、
イジメというのはオフザケ以上犯罪未満のものです。
靴を隠すとか、机に落書きをするとか、のけものにするとか、
犯罪としてはまだ立件できにくいものをイジメと言います。
例え学校の中であろうが、職場であろうが、
殴ったり、盗んだり、強請ったりすれば、紛れなく犯罪です。

今回、学校の中で計150万円を親の目を盗んで持ってこさせたのは、
恐喝という犯罪です。
イジメなどという言葉でかたづけてはいけない犯罪です。
まして、イジメとも認めないなど、言語道断です。
今の学校にはこどもの犯罪を中に抱え込んで、
一緒に更正していくだけの能力はありません。
社会の規則に則って対応する方がよほどましです。

「ぼくら150万円おごってもらっただけやで。」と苦し紛れに言い訳をする小学生。
その言葉をこれ幸いと利用する、親や関係者の大人。
自殺せずにかろうじて生きることを選んだ被害少年の立派さと比べ、
なんとみっともない周りの風景でしょう。

こんなけじめのない事例を重ねて行くと、
本当に日本はダメな国になってしまいます。
犯罪を犯した子はかわいそうでも、庇うだけではいけません。
まかり間違えば被害少年は亡くなっていたかもしれないのです。
恐喝したこども達は反省して、被害少年の心の強さに感謝し、
親と共に罰を受け償いをするべきです。
そして、私たちは一度間違ったこども達も、
暖かく受け入れられる社会を常に用意しておく必要があります。











そんな・・、 平尾誠二さんが亡くなるなんて。

私が1番好きなスポーツは、ラグビー。
1番好きなトップリーグのチームは、神戸製鋼。
好きな大学のチームは、1.同志社、2.明治、3.帝京
          (何故か自分の出身大学のWではない。)
私が1番好きな選手は、フォワードなら 林敏之さん。
バックスなら 平尾誠二さん。
共に、同志社→神戸製鋼です。

その、平尾誠二さんが亡くなった。
それも、53歳で。

いろいろなシーンを思い出します。
伏見工業時代の決勝戦における、ロスタイムでのウイングの決勝トライ。
同志社大学の大学選手権3連覇。
それ以来、関西のチームは優勝していません。

平尾誠二 2

神戸製鋼が初めて日本一になったとき、キャプテンの平尾誠二さんが、
ずっと神戸製鋼を支えてきた前キャプテンの林敏之さんに受賞を譲ったシーン。
神戸製鋼対三洋電機の決勝で、ロスタイムに起きたウイリアムスの奇跡の逆転トライ。
心に焼きいている名シーンには、平尾誠二さんがそこにいます。

平尾 3

ラグビーの神は彼に、
早さと強さと上手さ、それに賢さと指導力と努力の才を与えました。
おまけに、かっこよさと人柄の良さも与えました。
平尾の前に平尾なし、平尾のあとに平尾なし。
私にとって、平尾誠二さんは生涯のスーパースターです。

唯一ラグビーの神が与えなかったもの。
それは長い寿命でした。
悔しくてなりません。

Appendix

プロフィール

日だまりのトラ猫      (加島 一正)

Author:日だまりのトラ猫 (加島 一正)
神戸の下町で20余年、ちっちゃな塾を営んでいます。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができる。そんな世の中にしたくて、こども達と学び会う今日この頃であります。
映画を見たり、珈琲を飲んだり、犬や猫を撫でること、それに商店街のぶらり歩きと、なにより食べることが大好きな、団塊世代のじいさんです。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。