Entries

父ちゃん次官、妹キャスター、弟慶応ラガー、ボク「嵐」

父ちゃんは、総務省事務次官 桜井俊。
妹は、日本テレビキャスター 櫻井舞。
弟は、慶應義塾大学ラグビー部のスクラムハーフ 桜井修。
ボクは、慶應義塾大学経済学部卒のトップアイドル「嵐」 櫻井翔。

何とも華麗な一族であります。
きっとお母さんも賢くてきれいな方でしょう。
皆さんそれぞれ、自分の能力と努力で得た地位です。
(但し、TVキャスターはちょっと疑問)
なので、この華麗なる一族に対して、文句や妬みなどさらさらありません。
現代日本の「憧れる家族」の1つの典型であります。

ただ、世の中には上があれば下もあります。
父ちゃんは、無職のアル中で行方不明。
母ちゃんは、働き詰めでこどもをかまう余裕がない。
こども達は、金と愛情が不足して常に心が不安定。
親戚や頼れる大人など、出会ったこともない。
そんな一族も最近アチコチで見かけます。
世の中本当にさまざまです。

地球儀 2

こう並べ比べて、何を言いたいのと聞かれても、
別に何を言いたいわけでもありません。
世の中ってこいうもんやね。
地球はいろんな人を乗せて回っているもんやね。
今日も今もゆっくりと回っているんやね。

ただ、それだけのことです。

スポンサーサイト

1階はシャッター通り、2階はアニメ通り

毎度のことで、神戸市長田区復興失敗地域のぼやきネタです。
我がごひいき番組「よういドン」で、少し前にうちの商店街を歩いていただいたのですが、
立ち寄り先のメインがアニメストリートでした。

アニメストリート

漫画好きだった私ですので、地域復興に「鉄人28号」を利用するのは賛成です。
同じ横山光輝作品の「三国志」を利用するのも、渋々認めます。
(そやけど、あれは中国の古代史やで。日本史とちゃうで。)

三国志

ところが今度は、オタク向けのアニメストリートがやって来ました。
シャッター通りの商店街に、突然として異空間が現れた訳です。
神戸で一番老人が多い長田の下町を、コスプレした金髪・銀髪・赤髪・青髪が歩いています。
こういう風景は嫌いではありませんが、訳が分からない異様な雰囲気が醸し出されています。
これは何、何が目的?街の活性化?若者を長田の街にってか?

市役所に見放された商店街の皆さんの苦労は、並大抵ではないと思います。
せめて、いろいろなイベントを仕掛けて活性化をしようとする気持ちは分かります。
でも、アニメストリートにやって来るこども達は、あまり寄り道をしないでしょう。
近くのお好み焼き屋やうどん屋や居酒屋には入ってきません。
せいぜい、コロッケや豚まんを食べ歩く位です。
もう街の衰退は、個人や商店街の努力では届かないところに来ています。
イベントを重ねても、残念ながら大きな効果は期待できません。

ここは神戸市に責任を取らすしかありません。
市役所や区役所の一部移転や、公的施設を持ってくることや、
空き家を有効利用するよう斡旋するなど、いろいろやらせましょう。
地下鉄湾岸線の赤字解消案と併せて、人を集める工夫を必死で考えてもらいましょう。
市役所の先輩の失政で苦しめられて屍累々のこの商店街に、
かれらの鎮魂の意味も込めて責任を果たしてもらいましょう。

そういうことを提案している市会・県会議員もいます。
今は地方政治にこれまで以上に関心を持ちたいと思っています。
不祥事ばかりの議員や何もしない議員などクビにして、
そういう確かな議員を応援して、神戸を長田をよくしたい思う、
今日この頃であります。


Appendix

プロフィール

日だまりのトラ猫      (加島 一正)

Author:日だまりのトラ猫 (加島 一正)
神戸の下町で20余年、ちっちゃな塾を営んでいます。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができる。そんな世の中にしたくて、こども達と学び会う今日この頃であります。
映画を見たり、珈琲を飲んだり、犬や猫を撫でること、それに商店街のぶらり歩きと、なにより食べることが大好きな、団塊世代のじいさんです。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR