Entries

ラグビー日本代表、感謝したいたくさんの選手

ラグビー ワールドカップ 日本代表チームが帰ってきました。
空港に集まったファンの数は、行きと帰りで大違い。
100人から、5倍の500人に増えたそうです。
しばらくはマスコミでもラグビーを取り上げてくれるし、
これからトップリーグも大学もラグビーシーズンの佳境に入るし、
ちょっとっしたラグビーブームが続きそうです。

自分と家族と親戚を併せて8人のラガーマンがいる我が家系では、
女性も含めて子供の頃からの根っからのラグビーファンなので、
にわかファンであろうが、単なる筋肉マン好きであろうが、
ラグビーを好きになってくれる人が増えるのは、うれしい限りであります。

このところ、ラグビー人気の象徴として「五郎丸ブーム」が起きているようで、
彼も覚悟をして懸命に広告塔の役目を果たしています。
ただ、五郎丸選手もインタビューの時に答えて言っているように、
本来ラグビーには1人だけのHERO(英雄)はいません。
トライやゴールキックで得点を得る為には、たくさんの働きがその前にあります。
日本代表への賞賛は、控えの選手も、間際に代表選考から漏れた選手も含め、
全ての選手に公平に与えられるものだと思います。

特にフォワードは如何にして生きたボールをバックスに提供できるか、
痛いしんどい働きを常に強いられています。

トンプソン 1

なので私は、マスコミにあまり騒がれないであろう最高殊勲選手(MVP)の1人を、
皆さんに知って戴きたいと思って書かずにいられませんでした。
ラグビー王国・ニュージーランド生まれの日本人である、
バカでかくて、強くて、心優しい、トンプソン・ルーク選手です。

トンプソン 3

近鉄でプレイしている選手で、日本に来てから11年で今では日本国籍を持ち、
日本人の奥さんと子供がいて大阪弁を話す、れっきとした関西人です。

今回のワールドカップでは日本のスクラムとフォワードの強さが賞賛されましたが、
彼の存在なくしてはフォワードの活躍はなかったでしょう。
格闘技さながらのボールの奪い合いの肉弾戦で、体力で負けずに十分の戦えたことが、
今回の日本の大躍進をしっかりと支えたと言えます。
その真ん中にいたのが、トンプソン・ルーク選手です。

彼は、このワールドカップで日本代表は引退するそうですが、
近鉄ではまだまだプレイを続けて、果敢な闘いぶりを見せて欲しいものです。
日本までやって来てくれて、日本の仲間に溶け込んでくれて、
日本のラグビーの向上に貢献してくれた事に感謝します。

ラグビーを楽しませてくれて、本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

日だまりのトラ猫      (加島 一正)

Author:日だまりのトラ猫 (加島 一正)
神戸の下町で20余年、ちっちゃな塾を営んでいます。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができる。そんな世の中にしたくて、こども達と学び会う今日この頃であります。
映画を見たり、珈琲を飲んだり、犬や猫を撫でること、それに商店街のぶらり歩きと、なにより食べることが大好きな、団塊世代のじいさんです。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR