Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼 上田利治 「阪急ブレーブズ」監督

昔々、兵庫県西宮市に2つのプロ野球球団がありました。
1つは今でも根強い人気球団「阪神タイガース」。
もう1は、プロフェッショナルの集まる常勝軍団「阪急ブレーブズ」。

ブレーブズ1

当時の関西球界の構図は、
人気があって実力のない、セリーグの阪神、
実力があって人気のない、パリーグの阪急、でした。
私はと言うと、
勿論個性あふれるプロ軍団「阪急ブレーブズ」ファンです。
何と言っても、歴代日本投手陣の中で1番好きなこの投手が居ることでした。

上田 山田

完投勝利をしたであろう、山田久志投手を迎える上田監督です。
”伝説の勇士たち”が揃っていただけではなく、
阪急には2人の名監督がいました。
1人は西本監督、もう1人が上田監督です。
上田監督は関西大学時代に阪神の村山実投手とバッテリーを組んでいましたが、
広島でのプロ選手時代はそれほど有名ではありませんでした。
しかし、名伯楽西本監督がその手腕を高く評価し、後継指名しました。
ほとんどの球団で有名選手が実績もなく監督になるという、
日本球界の弊害の中で画期的な登用でした。
その中で、上田監督は西本監督の遺産を引き継ぎ、
数々の実績を積み上げていきます。
監督就任2年目の1975年から、日本シリーズ3連覇を含むリーグ4連覇を果たしました。
押しも押されもせぬ名監督になったのです。

上田 広岡

私は、セリーグでは「ヤクルトスワローズ」のファンですが、
上の2人の監督の対決と、
この生涯最愛の2選手の対決にしびれました。

若松1山田2

上田監督、
わくわくする試合をたくさん見せて頂いてありがとうございました。
あなたのことも、阪急ブレーブズのことも忘れません。




スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

日だまりのトラ猫      (加島 一正)

Author:日だまりのトラ猫 (加島 一正)
神戸の下町で20余年、ちっちゃな塾を営んでいます。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができる。そんな世の中にしたくて、こども達と学び会う今日この頃であります。
映画を見たり、珈琲を飲んだり、犬や猫を撫でること、それに商店街のぶらり歩きと、なにより食べることが大好きな、団塊世代のじいさんです。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。