Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

大好きな米朝さんが亡くなった

上方の芸能界の歴史的存在、桂米朝さんがお亡くなりになりました。
上方落語を立て直していただき、ありがとうございました。
たくさんのおもしろい落語を聞かせていただき、ありがとうございました。
たくさんの素晴らしい弟子を育てていただき、ありがとうございました。

私が中学生だった頃、エルビス・プレスリーやアメリカンポップスに熱中になり、
生涯最高の映画「ウエストサイド物語」に夢中になっていたりで、
アメリカ文化のまっただ中にいました。
そんな時、ラジオの深夜放送で米朝さんの「地獄八景亡者戯」に出会いました。

米朝

1時間を超える大作で、これまでたまに聞いていた落語とは違う新鮮さに、
1度聞いていっぺんに虜になってしまいました。
その後ラジオ放送をテープに録音し、友達に紹介しまくったものです。
私の落語好きはここから始まりました。

米朝さんの端正な噺が好きで、とくに大店の主人としての話しぶりが大好きです。
後に3番弟子の桂枝雀さんの、米朝落語とは違う破天荒な落語とも出会い、
桂米朝・枝雀のご両人が、私にとって生涯最高の落語家になりました。

晩年は、米朝さんが育てた最高の弟子、枝雀さんが亡くなり、
最も米朝さんの落語を引き継ぐにふさわしい、吉朝さんを亡くし、
何度も寂しい思いをなさったと思います。

今回はれて米朝さんがあちらの世界に行かれましたら、
上方落語再興の盟友、6代目笑福亭松鶴さん、5代目桂文枝さん、
共に上方芸能の研究と伝承をなさった小松左京さん、
また早逝したお弟子さん方、戦前の先輩芸人の皆さんが待っておられます。
これまでの米朝さんの功績に対して、万雷の拍手で迎えてくださると思われます。
どうぞ安らかにお休み下さい。

大好きな米朝さん、本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

日だまりのトラ猫      (加島 一正)

Author:日だまりのトラ猫 (加島 一正)
神戸の下町で20余年、ちっちゃな塾を営んでいます。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができる。そんな世の中にしたくて、こども達と学び会う今日この頃であります。
映画を見たり、珈琲を飲んだり、犬や猫を撫でること、それに商店街のぶらり歩きと、なにより食べることが大好きな、団塊世代のじいさんです。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。