Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

花紀京さん、エンタツさんの待つ彼岸へ

吉本新喜劇の花紀京さんが亡くなったと報道がありました。
久しぶりになつかしいお名前を聞きました。
寂しいです。ご冥福をお祈りします。

花紀京さんが吉本新喜劇に出なくなってから、ずいぶん経ちました、
私はそれ以来、吉本新喜劇のテレビ放映を見なくなりました。
花紀京さんの芸が好きでした。
盟友の岡八郎さんとの掛け合いは、芝居の中の独立した漫才のような感じで、
花紀京さんのとぼけた台詞は、何とも言えない飄々としたいい味を出していました。
一時はお二人で漫才コンビを結成したこともありました。
勿論、私のお気に入りの漫才コンビでした。

花紀、岡
(左:花紀京、右:岡八郎)

今の吉本新喜劇は、どうもギャグやらアクションが多いような気がして、
私のような話芸が好きなジイサンには騒がしくて好きになれません。
また、最近のテレビでは、漫才やコントは1分足らずしか出演できなかったり、
芸人が芸ではなく私生活や楽屋話を披露するのがお笑いの主流になったりで、
テレビでお笑い番組を見ることはほとんどありません。
もうテレビは、芸人の芸を荒れさせて使い捨てるだけで、
育てる気などさらさら無いようです。

従って、私の一番好きな芸人と言えば、古い古い芸人になります。
実はそれは、横山エンタツさんです。
言わずと知れたしゃべくり漫才の元祖で、花紀京さんのお父さんです。
勿論生で見たことはありません。
それでも、阪神・巨人、やすし・きよし、いとし・こいしという、
私の好きな漫才師を押さえて、一番好きなのはエンタツ・アチャコです。

エンタツ
(左:エンタツ、右:アチャコ)

花紀京さんにも受け継がれた、エンタツさんのとぼけた味と会話の妙味は、
しゃべくり漫才がエンタツ・アチャコによって生まれてから今まで、
他の漫才師の誰にも越えられていません。
エンタツさんは私の中で、漫才界のレジェンド(伝説)です。

私から見れば、花紀京さんは偉大な父を持ちながら、控えめな芸能活動だったと思われます。
もっと積極的に芸能界に出しゃばっていれば、今以上の大きな足跡を残したかと思われます。
ただ、今は知る由はありませんが、ひょっとすれば、
偉大過ぎる父を持った苦悩が、花紀京さんにはあったかもしれません。

花紀京さん、たくさん笑わしていただいてありがとうございました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

日だまりのトラ猫      (加島 一正)

Author:日だまりのトラ猫 (加島 一正)
神戸の下町で20余年、ちっちゃな塾を営んでいます。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができる。そんな世の中にしたくて、こども達と学び会う今日この頃であります。
映画を見たり、珈琲を飲んだり、犬や猫を撫でること、それに商店街のぶらり歩きと、なにより食べることが大好きな、団塊世代のじいさんです。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。