Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

わが町の「下町芸術祭」 その3

最後にお気に入りの展示を紹介します。
ここも、すぐ近くの古い空き家が展示場になっています。

角野家 1

角野家 2

この家の持ち主は、同級生です。
団塊の世代の私たち同級生のほとんどは、住み慣れた町から散り散りに離れ、
この下町に残っている者はほんのわずかになりました。
彼も今は下町から離れ、神戸の東地区に住んでいるとのことです。
この家を建てた彼の父親は、関西のテレビ局の高名なディレクターでした。
この下町にしては立派な家も、一時荒れ放題だったそうです。
そこに若干手入れをして、今はこんな素晴らしい展示が居候しています。

角野家 3

角野家 4

この作品の作家は、意外にも若くてかわいい女性でした。
若い感性と古い落ち着いた家との融合は、なかなかいいものです。

他にもたくさんの場所で、心に残るいろいろな展示がありました。
「下町芸術祭」をやって下さった皆さんのご尽力に感謝します。
楽しませてもらって、ありがとうございます。
(おわり)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

日だまりのトラ猫      (加島 一正)

Author:日だまりのトラ猫 (加島 一正)
神戸の下町で20余年、ちっちゃな塾を営んでいます。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができる。そんな世の中にしたくて、こども達と学び会う今日この頃であります。
映画を見たり、珈琲を飲んだり、犬や猫を撫でること、それに商店街のぶらり歩きと、なにより食べることが大好きな、団塊世代のじいさんです。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。