Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

あ~あ!春団治さんも亡くなってしまった

三代目 桂春団治さんが亡くなってしまいました。
この間、米朝さんが亡くなったばっかりやというのに。
とうとう、上方落語復興の四天王がみんなこの世を去りました。

春団治
落語 四天王

桂枝雀さん、先だっての桂米朝さん、そしてととう三代目桂春団治さん。
これで私の大好きな落語家さんは、ほとんどあの世へ旅立たれててしまいました。
かろうじて、笑福亭松之助さん(さんまの師匠が)が90歳でご存命なだけ。
なんだか、寄席に行く機会を無くしてしまったような気がします。

おまけに昨日まで、春団治さんが亡くなったことを私は知りませんでした。
米朝さんの時はあれだけテレビが毎日大騒ぎをしたのに、
上方落語界の宝、春団治さんの訃報が私の耳にすぐ入って来ないなんてのは、
ちょと冷たいのやおまへんか、関西のテレビ界の皆さん方。

上方の大店(おおだな)の大旦那のような、凛とした風格のある米朝さんと、
小さな老舗の使用人思いの旦那のような、柔らかくて律儀な風情の春団治さんと、
お二人の対照的な感じがとても好きでした。

初代桂春団治は何かと話題の多い伝説的な落語家でした。
私にとっても、落語の初代桂春団治、漫才のエンタツ・アチャコは特別な存在で、
日本演芸史上最高の天才だと思い込んでおります。
その初代から才能を認められ、父親が二代目春団治を譲り受けます。
初代と二代目とで作り上げた大看板を三代目春団治さんは受け継いだ訳ですが、
実際は大きな責任を感じ続けていたのかと想像します。
それでも、春団治さんは苦悩など全く表に出さずいつも飄々としており、
常に笑顔の優しいおじいちゃんのようでした。

その春団治さんが、下町の子どもと鋳掛屋(いかけや:金物の修理屋)のやりとりを、
軽妙に演じる「いかけや」は、私が最も好きな演目です。
なつかしい浪速の下町言葉を、存分に楽しむことができます。
初代のテンポのよい豪快な演じ方と違い、三代目には生意気な子どもに困りながらも、
こども達に対する優しさがにじみ出ています。
旧き懐かしき時代にタイムスリップしたい方は、声だけですがぜひお楽しみ下さい。
桂春団治「いかけや」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

日だまりのトラ猫      (加島 一正)

Author:日だまりのトラ猫 (加島 一正)
神戸の下町で20余年、ちっちゃな塾を営んでいます。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができる。そんな世の中にしたくて、こども達と学び会う今日この頃であります。
映画を見たり、珈琲を飲んだり、犬や猫を撫でること、それに商店街のぶらり歩きと、なにより食べることが大好きな、団塊世代のじいさんです。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。