Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

教育現場で見つけた「何でやねん!」な事 (3)

教育現場で見つけた「何でやねん!」シリーズ、その3です。

兵庫県では先日、高校の推薦入試の合格が決まりました。
高校の私学受験や公立の推薦入試の時に、聞かれたり書かされたりすることがあります。
「当校を選んだ志望動機は何ですか。 当校でどんなことをしたいですか。」
この質問が今回の「何でやねん!」その3です
ほとんどの中学生の本音は、
「志望動機って?特にないし。 したいこと?そんなん分からへん。」
そんなもんでしょう。

勿論、中学生にとっての憧れの高校には、立派な志望動機を抱えて目をキラキラと光らせ、
たくさんの優秀な受験生が集まってきます。
高校にとっても受験生にとっても、意義のある会話が成立します。
しかし、全部が全部そんな高校や受験生でもないでしょう。
おそらく半数以上の受験生は、特に自分の未来像をはっきりと持っているわけではなく、
自分の学力にあった限られた範囲の中から志望校選んでいるのでしょう。

15歳の少年が何十とある高校を調べて、自分の志望校を選び出す能力はないし、
高校も中学校もそんな働きかけなどほとんどしていないはずです。
やはり、志望校を決定するのは主に学力になってしまいます。
学力の高い生徒は選択肢が広く、低い子は選択肢が狭くなる。
それが現実です。

なのに何故、ほとんどの高校で志望動機を聞くのでしょう。
「はい、・・・・・・・・。」と、堂々と答えられる生徒はいいですが、
「先生からこの学校にしろと指導された。」
「近くで、交通費が安いから。」
「この学校しか受けられなかった。」
「友達と一緒に受けたかったから。」
本音ではこう答えたい生徒達は、どうすればいいのでしょうか。

結局現実には、受験生は本音ではない建前の文章を書くしかありません。
いかにも本当に思っているかような、上手な文章を書く練習をしています。
日本人が得意な、本音を隠して建前で世の中を渡っていくやり方。
大げさに言えば、15歳から上手な世渡り術の練習が始まります。

高校の側に少し聞きたい。
受験生に志望動機を書かせるということは、
中学生達に自分たちの学校を誉めよということですね。
そんなにあなたがた全ての高校は立派ですか。
それを中学生にちゃんとアピールしていますか。
もし、あなたの高校の問題点を受験生に指摘されても合格にしますか。
上手に建前の文章を書いた生徒を、もっと上手になるよう指導するのですか。

日本の15歳の少年はまだまだ未熟です。
まだ自分の確固たる意志や将来像を持っていなかったり、
自分の意志を十分に伝えられない、そんな不器用な子がたくさんいます。
そんな子も高校に入れて、教育してやって下さい。

全ての学校で全生徒に志望動機を聞く必要はないでしょう。
受験の時に志望動機を聞くことよりも、
卒業時にこの学校で学んだこと事や学び足りなかったことを聞き、
それを学校の宝にした方がいいのではないですか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

日だまりのトラ猫      (加島 一正)

Author:日だまりのトラ猫 (加島 一正)
神戸の下町で20余年、ちっちゃな塾を営んでいます。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができる。そんな世の中にしたくて、こども達と学び会う今日この頃であります。
映画を見たり、珈琲を飲んだり、犬や猫を撫でること、それに商店街のぶらり歩きと、なにより食べることが大好きな、団塊世代のじいさんです。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。