Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

原発避難の小学生への「150万円おごれ!」はイジメどころではない

去年起きた事件です。
原発事故で横浜市に自主避難してきた男子生徒が、転校してきた小学校でいじめを受けていました。
同校の小学生に、遊ぶ金としておよそ150万円を払わされていたという事件でした。

これについて、1月20日横浜市教育委員会の岡田優子教育長は、
市議会のこども青少年・教育委員会でこう述べました。
「関わったとされる子どもたちが『おごってもらった。』と言っていることなどから、
 いじめという結論を導くのは 疑問 がある。」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170120/k10010847081000.html

ビックリしました。
この横浜市の教育界のトップにいるらしき人物は、
150万円払わされたこどもを守らないし、
150万円払わせたこども達も諭さないらしい。
「こんなん、たいした問題とちゃうやん。そやけど、お金だけは返しときや。」
と、あっさり幕引きです。
こんな無責任な大人達に教育されるこども達がかわいそうです。

確かに、教育長さんのおっしゃる通り、これはイジメではありません。
イジメなどという生易しいものではありません。
これは恐喝という、れっきとした「犯罪」です。
この教育長は無能で職務怠慢です。

これは、夜回り先生から聞いて同感したうる覚えの説ですが、
イジメというのはオフザケ以上犯罪未満のものです。
靴を隠すとか、机に落書きをするとか、のけものにするとか、
犯罪としてはまだ立件できにくいものをイジメと言います。
例え学校の中であろうが、職場であろうが、
殴ったり、盗んだり、強請ったりすれば、紛れなく犯罪です。

今回、学校の中で計150万円を親の目を盗んで持ってこさせたのは、
恐喝という犯罪です。
イジメなどという言葉でかたづけてはいけない犯罪です。
まして、イジメとも認めないなど、言語道断です。
今の学校にはこどもの犯罪を中に抱え込んで、
一緒に更正していくだけの能力はありません。
社会の規則に則って対応する方がよほどましです。

「ぼくら150万円おごってもらっただけやで。」と苦し紛れに言い訳をする小学生。
その言葉をこれ幸いと利用する、親や関係者の大人。
自殺せずにかろうじて生きることを選んだ被害少年の立派さと比べ、
なんとみっともない周りの風景でしょう。

こんなけじめのない事例を重ねて行くと、
本当に日本はダメな国になってしまいます。
犯罪を犯した子はかわいそうでも、庇うだけではいけません。
まかり間違えば被害少年は亡くなっていたかもしれないのです。
恐喝したこども達は反省して、被害少年の心の強さに感謝し、
親と共に罰を受け償いをするべきです。
そして、私たちは一度間違ったこども達も、
暖かく受け入れられる社会を常に用意しておく必要があります。











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

日だまりのトラ猫      (加島 一正)

Author:日だまりのトラ猫 (加島 一正)
神戸の下町で20余年、ちっちゃな塾を営んでいます。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができる。そんな世の中にしたくて、こども達と学び会う今日この頃であります。
映画を見たり、珈琲を飲んだり、犬や猫を撫でること、それに商店街のぶらり歩きと、なにより食べることが大好きな、団塊世代のじいさんです。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。