Entries

原発避難の小学生への「150万円おごれ!」はイジメどころではない

去年起きた事件です。
原発事故で横浜市に自主避難してきた男子生徒が、転校してきた小学校でいじめを受けていました。
同校の小学生に、遊ぶ金としておよそ150万円を払わされていたという事件でした。

これについて、1月20日横浜市教育委員会の岡田優子教育長は、
市議会のこども青少年・教育委員会でこう述べました。
「関わったとされる子どもたちが『おごってもらった。』と言っていることなどから、
 いじめという結論を導くのは 疑問 がある。」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170120/k10010847081000.html

ビックリしました。
この横浜市の教育界のトップにいるらしき人物は、
150万円払わされたこどもを守らないし、
150万円払わせたこども達も諭さないらしい。
「こんなん、たいした問題とちゃうやん。そやけど、お金だけは返しときや。」
と、あっさり幕引きです。
こんな無責任な大人達に教育されるこども達がかわいそうです。

確かに、教育長さんのおっしゃる通り、これはイジメではありません。
イジメなどという生易しいものではありません。
これは恐喝という、れっきとした「犯罪」です。
この教育長は無能で職務怠慢です。

これは、夜回り先生から聞いて同感したうる覚えの説ですが、
イジメというのはオフザケ以上犯罪未満のものです。
靴を隠すとか、机に落書きをするとか、のけものにするとか、
犯罪としてはまだ立件できにくいものをイジメと言います。
例え学校の中であろうが、職場であろうが、
殴ったり、盗んだり、強請ったりすれば、紛れなく犯罪です。

今回、学校の中で計150万円を親の目を盗んで持ってこさせたのは、
恐喝という犯罪です。
イジメなどという言葉でかたづけてはいけない犯罪です。
まして、イジメとも認めないなど、言語道断です。
今の学校にはこどもの犯罪を中に抱え込んで、
一緒に更正していくだけの能力はありません。
社会の規則に則って対応する方がよほどましです。

「ぼくら150万円おごってもらっただけやで。」と苦し紛れに言い訳をする小学生。
その言葉をこれ幸いと利用する、親や関係者の大人。
自殺せずにかろうじて生きることを選んだ被害少年の立派さと比べ、
なんとみっともない周りの風景でしょう。

こんなけじめのない事例を重ねて行くと、
本当に日本はダメな国になってしまいます。
犯罪を犯した子はかわいそうでも、庇うだけではいけません。
まかり間違えば被害少年は亡くなっていたかもしれないのです。
恐喝したこども達は反省して、被害少年の心の強さに感謝し、
親と共に罰を受け償いをするべきです。
そして、私たちは一度間違ったこども達も、
暖かく受け入れられる社会を常に用意しておく必要があります。











こないだ 「君の名は」 を観てきた

こども達がお勧めの話題作を、ジイサンが観てきました。
君の名は
数日の間に2作連続でアニメの作品を観たのですが、
下の「この世界の片隅に」はよかったと思い、
上の「君の名は」とても面白かった、そう思いました。

この世界 2

実は私は、実写映画が好きで、アニメはあまり好きではありません。
人間の心の動きが表情や動作で描けないからです。
なので、こどもや動物や妖怪が主人公である、一部のジブリ作品しか評価していませんでした。
それでもやはり、アニメでしか描けない世界、物語があるようです。
人間描写はもう一つでも、景色の美しさは素晴らしいものがあります。
これらの2作品でそれを感じました。
「この世界の片隅に」では、人間描写が淡々としているのが却って効果があったようです。

また、ありえない状況でもアニメなら平気で展開できます。
「君の名は」では、それを十分に楽しむことができました。
リズミカルな主題曲のように、爽快感を味わうこともできました。
やはり、新海 誠 原作・監督という才能と、
山田洋次監督に「真のプロデューサー」と言わしめた、
川村元気プロデューサーの感性と職人業が結び合った傑作です。

映画を観る前は、岸恵子と佐田啓二(中井貴一の父)の名作のタイトルを使うなど、
ルール違反で「なんだかなあ!」感があったのですが、
今は「しゃあないなあ。」という気分です。
何か大切なことを伝えてくれるのも映画。
現実を忘れ、2時間楽しい思いをさせてくれるのも映画。
やはり、映画はたくさんのスタッフの想いと技術が集まった総合芸術です。
過去から未来まで山ほどある傑作のうち、生きている間に何本出会えるか。
とりあえず、次は何を観に行こうか思案中です。




戦争の悲しみを描く名作がまた1つ。それでも、・・・

話題作を見に映画館へ行ってきました。
「この世界の片隅で」です。

この世界の片隅で

市井にひっそりと住む人々にも襲いかかる戦争の悲惨さが、
被害者の悲しみが、しみじみと心に伝わってきます。
戦争を描く名作が、また1つ誕生しました。
「はだしのゲン」や「火垂るの墓」と同じように後世に遺されていくと思います。

小学校の教科書にも「ちいちゃんのかげおくり」という名作が載っています。
戦争と空襲で家族を亡くした小さな少女がひっそりと亡くなっていく、
とても切ないお話です。

しかし、私にはこのお話について語っていた、
故小田実さんの言葉が忘れられません。
「日本には戦争被害を描いた素晴らしい作品は多いけれど、
戦争加害者としての日本を描いた作品があまりにも少ない。」
確かこんな内容だったと思います。

日本の被害は、加害があっての被害です。
日本による被害国(中国・朝鮮・アジア)と、
日本への加害国(アメリカ)は違うけれど、
先の戦争は、加害がなければ被害はなかったはずです。
「この世界の片隅で」ささやかに暮らす人々はどこにでもいました。
日本は他の国の片隅の暮らしを破壊し、
その結果自分の国の片隅の暮らしを破壊された。
戦争の悲しみを描いた秀作を見るにつけ、
戦後70年経っても、日本の加害の実体を正面から描く、
腹を据えた骨太の作品がほとんどないのを残念に思います。

ならば、自分がそんな作品を描けばいいではないかという話ですが、
ここには才能と努力が必要です。
手も頭も届きません
ただ、いつかはそんなことに関わることができればと、
大胆な事を妄想している、今日この頃です。






映画「怒り」は、お腹に応える

時々、映画館できっちりと映画を観たいと思う。
映画で育ってきた私には、
大きな画面と大音響でないとやはり物足りない。
このポスターを観て、絶対に観に行くと決めた。

怒り ポスター

豪華キャスト
【千葉編】 渡辺謙、宮崎あおい、松山ケンイチ、池脇千鶴
【東京編】 妻夫木聡、綾野剛、高畑充希、原日出子
【沖縄編】 森山未來、広瀬すず、佐久本宝(オーディション)
【刑事】 ピエール瀧、三浦貴大
そして、李相日監督、吉田修一原作の「悪人」コンビ。

実は、これだけの条件が揃うと、
私としては、期待が裏切られるのではないかといつも不安なのです。
今回は・・・、
裏切られずによかった。うん、見応えのある作品でした。
やはり熱のこもった映画は面白い。
ただこの映画、作品の中にあふれる、
「悲しみ、痛み、不信、後悔、怒り」の感情がこちらに伝わりすぎて、
お腹に残ってなかなか取れません。
かろうじて、ほっとして終わるエピソードもあったので、
帰ってから昼ご飯を食べることができました。
それでも、観たのは少し前なのですが、
未だにどこかのワンシーンが急に浮かんできたりします。
1つだけケチをつけるとすれば、
森山未來の人格やら行動に、なかなか入り込めなった、
それぐらいです。

やっぱり映画は大画面で観るに限る。
テレビドラマなんて、足下にも及びません。
ただ、もしかすると原作の方がもう一段おもしろいのかもしれませんが、
映画好きの私は、映画で十分。
原作は読まないことにします。
どっしりした映画が好きな方、お勧めします。




そんな・・、 平尾誠二さんが亡くなるなんて。

私が1番好きなスポーツは、ラグビー。
1番好きなトップリーグのチームは、神戸製鋼。
好きな大学のチームは、1.同志社、2.明治、3.帝京
          (何故か自分の出身大学のWではない。)
私が1番好きな選手は、フォワードなら 林敏之さん。
バックスなら 平尾誠二さん。
共に、同志社→神戸製鋼です。

その、平尾誠二さんが亡くなった。
それも、53歳で。

いろいろなシーンを思い出します。
伏見工業時代の決勝戦における、ロスタイムでのウイングの決勝トライ。
同志社大学の大学選手権3連覇。
それ以来、関西のチームは優勝していません。

平尾誠二 2

神戸製鋼が初めて日本一になったとき、キャプテンの平尾誠二さんが、
ずっと神戸製鋼を支えてきた前キャプテンの林敏之さんに受賞を譲ったシーン。
神戸製鋼対三洋電機の決勝で、ロスタイムに起きたウイリアムスの奇跡の逆転トライ。
心に焼きいている名シーンには、平尾誠二さんがそこにいます。

平尾 3

ラグビーの神は彼に、
早さと強さと上手さ、それに賢さと指導力と努力の才を与えました。
おまけに、かっこよさと人柄の良さも与えました。
平尾の前に平尾なし、平尾のあとに平尾なし。
私にとって、平尾誠二さんは生涯のスーパースターです。

唯一ラグビーの神が与えなかったもの。
それは長い寿命でした。
悔しくてなりません。

Appendix

プロフィール

日だまりのトラ猫      (加島 一正)

Author:日だまりのトラ猫 (加島 一正)
神戸の下町で20余年、ちっちゃな塾を営んでいます。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができる。そんな世の中にしたくて、こども達と学び会う今日この頃であります。
映画を見たり、珈琲を飲んだり、犬や猫を撫でること、それに商店街のぶらり歩きと、なにより食べることが大好きな、団塊世代のじいさんです。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR